起業:消防設備士『労働革命スタートの日』vol.673 2020.11.21


ビルメバナー

東京1317日目!

あらすじ

ずっと夢見てたプロジェクト『労働革命』のキックオフミーティング
ずっと語り続けてたら仲間が見つかった
世の中の労働の概念が変わるサービス
数年後、日本中が驚くことになるよ
そんなサービスを作り始めるよ

オンラインサロン『team1』

マッチングサービス『ビルメ』

YouTubeチャンネル『WAVE1TV』

著書『最強の仕事』

労働革命スタートの日

【21日】

昼からツクちゃんが事務所に来てくれて労働革命の打ち合わせスタート

多分今日が大きな歴史の転換点になる

それくらい凄いことが起きる

改めて俺の頭の中を伝えた

どうやって達成しようと思ってるのか

そしてマネタイズ方法における信念

ガチャガチャとは何なのか

どんなモノが出てくるのか

どうやったらそのガチャガチャを回せるのか

などを細かく話し合った

ずっとやりたかったことが実現に向けて動き出した

いつもそう

俺はやりたい事を口に出し続けて仲間が集まってきた

消防設備業界日本一になると言い続けてWAVE1に仲間が集まってきた

著書『最強の仕事』

ビルメを作ると決めて更に仲間が集まった

そして売上1,000億円を達成する為の新サービスを今開発してて

それも言い続けてたら多くの人達が集まってきてくれた

オンラインサロン『team1』

もちろんオンラインサロンteam1も同じ

これから新メディアを通じて世の中にteam1が目指すもの(信用経済の創造)を発信していく

掲げるビジョンを語りまくって今に至る

そしてこれからも語りまくって達成させる

WAVE1が日本一になったその先にやることは決めてる

それも始めから決めてた

プロジェクト名は『労働革命』

ガチャガチャを作って世に広める

それが労働って概念をぶち壊すサービスになる

これもずっとみんなに言い続けてきた

もう寝ながら同じことを言えるくらい喋りまくった

そしたら昨日ツクちゃんが『一緒にやりたい』と言ってきてくれた

嬉しすぎて鳥肌が立った

今回色々話し合った

これからも深く話し合って形にしていく

今日がそのスタートの日

これが世に出たらホンマに大きな変化が起きる

そんなプロジェクトの記念すべきキックオフミーティングを終えた

俺はしつこいから成功するまでやり続ける

仲間が集まるまで夢を語り続ける

そうしたら自然と前に進むってこの3年半で学んだ

『労働革命』にはまず営業をしてくれる仲間が必要やな

いつ出会うか楽しみや

シェアハウスとコロナ

夕方からウチで消防設備点検の応援に来てくれてる根本さんとそのお兄さんが挨拶に来てくれた

著書『最強の仕事』

根本さんは数ヶ月前に消防設備業界未経験で会いに来てくれた(そこで著書『最強の仕事』を渡した)

そして消防設備士としてスキルアップしていきたいと熱く語ってくれた

シェアハウスの不動産管理もやってるからそこでシナジーを感じて消防設備業界のスキルも付けたかったらしい

その後すぐにコロナが来た

でも根本さんの収入は減らんかった

シェアハウスの売り上げはめっちゃ減ったけど、消防設備点検の仕事で大丈夫やったらしい

改めてこの仕事って強いなって話になった

そしてお兄さんもこれから消防設備士としてスキルアップしたいとの想いで会いに来てくれた

消防設備士乙種6類は取得してる

何と俺のことを知る前からYouTubeで『WAVE1TV』を観てくれてたらしい

その後、弟の根本さんから「最近WAVE1って会社で消防設備点検の修行をしてる」と聞いて驚いたらしい

まさかYouTubeで勉強してる動画の会社に弟が行ってるとは夢にも思わんかったという

兄「YouTubeめちゃくちゃ分かりやすかったです。ずっと映像で観てたので芸能人に会った気分です」

俺「そんな風に言っていただきありがとうございます。YouTube分かりやすかったですか?」

兄「色々な方がYouTube出してますが1番分かりやすかったです。おかげで未経験でしたが合格することが出来ました」

嬉しかった

見知らぬ誰かの役に立てて

それを直接伝えてくれるのってホンマに嬉しい

コロナ失業者のリアル

夜はMさんが会いに来てくれた

Mさんは2018年の夏、WAVE1にスポット作業員として応援に来てくれてた人

当時はまだ俺も現場に出てて2人で消防設備点検をしてたこともある

俺と現場に行った人って今では珍しい

↑当時のブログ記事はこちら

2018年10月から全く出やんようにしたから

そこから1年くらいしてMさんは夢であった行政書士の資格を取って独立を果たした

海外の人が日本に入国する時の手続き業務をしたいと前からずっと言ってて、その夢を叶えた

けど、コロナで事情が変わった

今回はビルメワーカーとしても働きたいとの思いで会いに来てくれた

もちろんすぐに来て欲しいと伝えた

そして当時の昔話で盛り上がった

俺「僕と現場に行ってた人ってホンマに珍しいんですよ。久しぶりにお会いできて嬉しいです」

M「僕もです。あの時はありがとうございました。伊藤さんは元気ですか?僕は伊藤さんとの現場が多くいつもお世話になっていました。大阪に行かれたのもブログを見て知りました。またお電話で話したいです。」

俺「大阪で頑張ってますよ。電話したら喜ぶと思います。またMさんが少しでもビルメワーカーとして現場に出ていただけて本当に嬉しいです」

M「実は私の友人でも何人かコロナショックでリストラに遭いまして、、、今回はその件もお話ししたくて連絡させていただきました」

Mさんの友人がリストラに遭った

1人は料理人

業界ではある程度有名なシェフやったけど「来月から給料を半分にする」と言われて早期退職を選んだ

もう1人はアパレル

海外のやり取りをして材料を輸入して製造・販売を行ってた

かなり難しいけど誇りを持って仕事してたけど、コロナでリストラにあった

2人とも50代前半で無職になって途方に暮れてるという

そんな友人を救いたくて消防設備士を勧めたくて

著書『最強の仕事』

Mさんは2人にビルメを紹介してくれた

やっぱりリストラされた人の話をリアルに聞くと苦しい気持ちになる

今までやってた仕事のスキルが全く活かされへんようになる

明日からどれだけ絶望することか

でも悲しんでてもしょうがない

それでも前を向いて頑張るしかない

今までどれだけ偉い立場で仕事してようが切り替えていかないとこれからの時代を生き延びられへん

こんな人達がこれからも増え続ける

ビルメでそんな人を救うために清掃を始め、業種を拡げることを決意した

アップデート後が楽しみや