起業:消防設備士『まさかの民泊案件』vol.781 2021.3.8


ビルメバナー

東京1428日目!

あらすじ

事務所の引っ越しの為、契約書に印鑑を押しに行った不動産屋で民泊工事を依頼されてビックリ
夜はなおちゃんに板垣からテレアポのやり方を教えた
アウトプットをする事で人は成長する
テレアポって今でも力がある

消防設備士のYouTubeチャンネル『WAVE1TV』

建設×ビルメンのオンラインサロン『team1』

ビルメン業界のバイトアプリ『ビルメ』

消防設備業界のビジネス書『最強の仕事』

関西の大手管理会社

【7日】

朝からキーマンと関西の大手管理会社の偉いさんとzoom

色んなことをざっくばらんに話して楽しかった

今月は大阪に行くからその時に挨拶に行かせてもらう約束もした

大阪には当分行けてないな

今年の年始に東京に戻ってからやからもう2ヶ月以上経つ

↑当時のブログ記事はこちら

大阪で新しく就職してくれた山本さんもまだリアルに会ったことないし

3月後半に戻る予定やから楽しみや

昼からは執筆活動や事務作業をして1日過ごしてた

まさかの民泊案件

【8日】

昼から立川駅近くの不動産屋へ

新しく引っ越す事務所の賃貸契約書の締結のために西崎くんと2人で行った

行き帰りの車の中で色々話し合った

2.3月の現場チームはめちゃくちゃ忙しい

嬉しい悲鳴や

こっちからそんなに営業頑張らんくても新規案件の連絡が止まらん

4月は落ち着くかなって思ってたけど変わらず忙しそう

東京は消防設備点検の方が売上比率高い

つまり安定的な仕事を確保できてるってこと

点検は半年ごとに同じ仕事が来る

入札とかでもない限り一回決まったらなかなか仕事が無くなりにくい

ビジネスとしてこれはめっちゃ素晴らしい

ただとにかく忙しい

だから社員やアルバイトなどを増やしていく必要がある

不動産屋に行って契約書関係の手続きを終えた後、そこの社長さんに話しかけられた

社「WAVE1さんって消防設備工事をやってるんですね」

俺「そうなんですよ。ウチは2年半前の民泊ブームで成り上がったんです。あの頃凄いブームやったじゃないですか?その時に民泊の消防設備工事をやりまくりました」

社「え!?民泊ですか?ウチにも民泊の工事案件がちょくちょくありまして。受けてもらえませんか?」

俺「もちろんです。ウチは民泊工事に関してはやってきた数が違うのでそこで蓄積したノウハウを基にスピーディーにやらせてもらいます」

社「いやぁー、消防設備工事してくれる会社が見つからなくて困ってたんです。凄く嬉しいです」

俺「ナンボでも相談ください。点検もお受けしますので」

まさか賃貸契約に行った不動産屋から仕事が来るとは思わんかった

何があるか分からんもんやな

スポンサーの村上さんと

夕方から新宿へ

大阪にある村上塗装の村上さんからCM映像のナレーションを確認するために東京に来てくれて

一緒にご飯を食べた

大阪時代

父親の会社で働いてた時に村上さんと出会った

あの頃の俺は何も成し遂げてないし

何も知らんかった若者やったけど

東京に行って一年くらい経った時に連絡をくれた

「東京に行く用事があるから夜、ご飯でもどう?」

それからちょくちょく会う様になった

あの頃は法人設立したてで全然大したこと無かったけど

それでも「タクは大きくなる」と信じ続けてくれてる

↑当時のブログ記事はこちら

そして色んな人たちを紹介してくれたり

ホンマに感謝してもしきれん人

新メディアのスポンサーになってもらえて新しい繋がりが出来たからこれからも一緒に色々出来そうで嬉しい

テレアポをやり方

帰ってから夜はなおちゃんと板垣と3人でzoom

なおちゃんに板垣からテレアポのやり方を教えさせた

板垣は新メディアのテレアポチームを管理してたから

ウチがやってたKPIの考え方とかスプレッドシートでの管理方法などを板垣が教えた

まずはなおちゃんから自社のビジネスモデルを聞かせてもらって

その後にテレアポする際のアドバイスという流れやった

板「なるほど。ビジネスモデルは理解しました。このプランのうち、実施に1番取りたいのは〇〇ですよね?」

な「はい。その通りです。」

板「そうですよね。ではそこに照準を合わせてKPIの設定を行っていくのがいいと思います。ウチの場合ですと〇〇のような形で目標設定をしてました。あと、コール数などの管理方法としては〇〇のようにしてまして、出てきた意見などは〇〇のように管理してました。」

な「なるほど。」

板「やっていく中で色んな業種を責めていくと思うんですがいい業界が見つかったら徹底的にそこに集中していくといいと思います。そこでオリジナルのトークスプリクトも出来てきます。皆んなが吸い上げた意見を元に電話が終わってから改善していくやり方をとってました。あと、電話が終わってからリストも作成してました。」

な「そうですよね。」

板「管理する側の仕事としてモチベーション管理がありました。ずっとテレアポしてるとモチベーションが下がってくるので僕自身は〇〇をしてました。」

な「凄く勉強になります」

みたいな感じで話してる板垣を横で見て「成長してるな」と感じた

今つけてる力は必ず大きな財産になる

ビルメン業界のバイトアプリ『ビルメ』

『ビルメ』や『新ITサービス』などでこれからもテレアポが社内で出来るって強い

これ外注すると高いしどうしても熱意落ちるしな

テレアポって舐めてたらアカン

意外と効果がある

Amazon、サイバーエージェント、DMM.comなど

名だたる大企業でも今でも新規ビジネスの営業ではテレアポを使うことが多い

それだけ効果があるってこと

実際この前Amazonの日本法人から営業電話来たしな

「こんな世界一の企業でもテレアポするんや」って感動した

新メディアのために2月から3月までの1ヶ月間

板垣のチームが頑張ってくれたおかげで社内にノウハウが溜まっていった

板垣や渡邊さんなどにテレアポのやり方を教えてくれたのはツクちゃん

ホンマにありがたい