起業:消防設備士『大阪営業所代表になって1年経った』vol.802 2021.4.1


ビルメバナー

東京1456日目!

あらすじ

新卒採用した2人が入社する
初の試みやから楽しみやな
娘の入園式で泣きそうになった
桒原は大阪営業所の代表になってちょうど一年経った
めちゃくちゃ濃い一年やったという
ホンマに皆んなに感謝やな

消防設備業界のバイトアプリ『ビルメ』

消防設備士のYouTubeチャンネル『WAVE1TV』

建設×ビルメンのオンラインサロン『team1』

消防設備業界のビジネス書『最強の仕事』

杉江さん、入社

【31日】

朝は新卒でWAVE1東京本社に入社してくれた2人を1人ずつ俺の部屋に呼んで喋った

明日、4/1から2人は社員として働き始める

その前に改めて喋った

まずは杉江さんから

彼女は中部地方から東京に引っ越ししてきてWAVE1で働くことを決めてくれた

俺「お疲れ様。こっち来て数日経ったよな?引っ越しは片付いた?」

杉「はい。4日前に来ました。まだですが少しずつやってます。」

俺「そうやんな。東京でどっか遊びに行った?」

杉「いえ。上中や酒井とも『また行きたい』とは話してるんですけど、とりあえず今は近所を探検しながらどんなお店があるのか探してます。」

俺「そうやんな。俺も東京に来たばっかりの時は近くを散歩してたな。色んな発見があって面白いよな。」

杉「はい。何箇所かスーパー見つけて特徴の違いを見つけたり、会社から自宅までの道も違うパターンで帰ってみたり、色々してます。」

俺「そっかそっか。折角東京来たんやし、休みの日は色々見て回ってみいや」

杉「はい。ありがとうございます。」

消防設備業界のバイトアプリ『ビルメ』

俺「明日からはシステムチームに入ってもらってビルメなどのマーケティングを中心に働いてもらう。八木さんが上司になるからいっぱい聞いて学んでいって。優しくて良い人やから。」

杉「はい。頑張ります。」

そして社員になる上で必要な話をして終わった

事前に何回か会ったりzoom面接とかでいっぱい話してたんやけど

改めて頭が良い子やなって感じた

彼女が国公立の大学を卒業したからって訳じゃないと思うけど

やっぱ頭の回転が早いなって思った

凄い大学を卒業したから社会人として優秀って訳じゃないし

学歴なんてそんな気にしやんタイプやけど

もちろん高学歴で社会人として優秀な人の方が割合としては多い

それだけ学生時代に何かに向かって一生懸命努力をしてた人やから

社会人になる前の練習としては大切なんかもな

上中さん、入社

次に上中さん

↑当時のブログ記事はこちら

彼女とは大阪から東京に向かう車内でめちゃくちゃ喋ったからそんなに多くを語らんかった

車の中でめちゃくちゃ喋ったしな

それでも少しは話した

俺「まあ、車の中でだいぶ語り合ったし、そんなに多くを語らんでもええよな。改めて明日からよろしくな。」

上「はい。よろしくお願いします。」

俺「明日から営業チームに入ってもらう。もう何回も喋ってコミュニケーション取ってるから分かってると思うけど板垣が上司になるから。」

上「はい。以前に何度か東京に来た時にもお話しさせてもらいました。」

俺「まあ、アイツは普段アホなことばっかり言ってるけど、めちゃくちゃ熱い奴やから付いて行って間違いないよ。自己成長への努力が半端ないから上中さんもアイツの成長を見ながら一緒に色々学んでいったらいいと思う。」

上「はい。本当に楽しみです。」

2人と話した後、キャリーケースを持って大阪へ向かった

娘の入園式

【1日】

新学期

長女が幼稚園に行くから入園式に参加した

東京に来た時はお腹の中やったのにな

あの頃は恐怖のドン底やった

「お前は社会を舐めてる」

「東京で起業?親としての自覚が無さすぎる」

「嫁や子供が可哀想」

などなど散々言われたけど、結果の出てない自分では言い返されへんくて

「成功します」

という位しか言われへんかった

東京に来てから『消防設備業界で勝負しよう』と決めた

死に物狂いで働いた

皆んなで必死に頑張った

子供の成長を見てると『自分ももっと成長しないと』って思う

負けてられへんな

大阪営業所代表になって1年経った

夜は大阪営業所代表の桒原さんと2人で打ち合わせ

ガッツリ話し合った

桒「急にお誘いしてすみません。社長最近色々あり過ぎて大丈夫かなって、、、嫁と2人で心配してまして。」

↑当時のブログ記事はこちら

俺「ありがとうございます。確かに色々あって結構精神的にキツかったりもしたんですけど大丈夫です。もう乗り越えました。」

桒「いやぁー、ホンマに大変でしたよね。僕は経営者の気持ちがわからないのでホンマの社長の苦しみを理解出来てないと思います。それでも社長に寄り添って考えないとって思ってます」

俺「そんな風に言ってもらえて嬉しいです。組織って大きくなるとホンマに色んな事がありますね。もうすぐ東京に来て4年になりますが山のように失敗を経験して今まで来ました。その度に反省して今に至ります。会社で起こった失敗は全て僕の責任ですからね。」

桒「伊藤ともよく喋るんですよ。『社長ほど社員を大切に思ってる人っておらんよな』って。昔と違って毎日現場に行くことも無くなり、社長も毎日社員と会うことさえも出来ない状況ですが、それでもずっと『誰よりも社員を大切に考えてる』って所は変わってないですからね」

俺「昔は毎日みんなと一緒に現場に行ってましたからね。現場で一緒に汗を流すと『仲間』って感じになりますよね。今それが出来ないのが寂しくもありますね。」

桒「どこの会社でも営業と現場チームは気持ちが分かり合えずに仲が悪くなるとよく聞きますが、ウチもそうならないように出来るだけ風通しよく働いてもらえるように色々考えてます。まだまだ課題はいっぱいありますが」

↑当時のブログ記事はこちら

俺「人が増える分、色々ありますよね。桒原さんも大阪に来てちょうど一年ですね。」

桒「あ、ホンマですね。うわぁーまだ1年か。色々あり過ぎて日々苦戦しながら代表をやってますが、ホンマに時間が長く感じますね」

俺「そうですね。けど時間が長く感じるのってそれだけ濃い時間を送れてるんでお得な感じしますよね。」

桒「まあ、社長ほどでは無いですけどね。僕も社長の動きはブログ見ないと分からないんですけど、書かれへんこともある中でどれだけ動いてるんやって思いますね」

俺「まだまだですよ。もっと成長せんとね。」

そんな感じで語り合った

皆んなそれぞれ大変な中、戦ってくれてる

そんな皆んなを絶対に報いさせてあげんとな