起業:消防設備士『team1がキッカケで新規事業スタート』vol.846


ビルメバナー

東京1517日目!

あらすじ

team1がキッカケでとある会社さんが消防設備業をスタートすることになった
消防設備に関する相談を受けたけど今までなら関連無いから確実に断ってた
けど、team1メンバーに助けてもらいながらやれてると聞いて涙した

消防設備業界のバイトアプリ『ビルメ』

建設×ビルメンのオンラインサロン『team1』

消防設備士のYouTubeチャンネル『WAVE1TV』

吉村拓也の著書『最強の仕事』

消防設備士メディア『ビルメイツ』

防災メーカーの役員と

【4日】

防災メーカーの役員さん2名と喋ってた

今後WAVE1が仕掛けようと思ってる内容の共有をした

あとは新商品の内容を詳しく紹介してくれた

「吉村くんは今後テレビとかにもよく出るだろうからウチの新しい商品も詳しく知っててもらおうと思ってさ」

と言ってくれた

役員のSさんは昨年の

著書出版及びビルメリリース記念パーティーにも来てくれて

その後もちょくちょく情報交換をさせてもらってる

S「本当に良くやってるよね。東京に1人で出てきたの4年前だっけ?ガンガン進んでて凄いよ思うよ。なんかちょっと悔しいけどな。笑」

俺「いやいや、まだまだですよ。これから面白いことやっていくのでまた機会があればよろしくお願いします。」

と気さくな感じで会話が進んだ

team1がキッカケで新規事業スタート

【5日】

夕方、ザブングル加藤さんと事務所で打ち合わせ

世の中をワッと驚かす準備をしようと思ってる

また実行する時に大きく発表します

建設×ビルメンのオンラインサロン『team1』

夜はオンラインサロンteam1でzoom交流会

今回の内容は『消防設備』について

皆んなで色んな話をして盛り上がった

とあるサロンメンバーの話で盛り上がった

「今まで塗装業しかやってこなかったんですけどね。ひょんなきっかけから連結送水管の耐圧試験を出来ないかって頼まれたんですよね。それでteam1メンバーの〇〇さんに相談したらすぐに事務所まで来てくれたんですよ。そこにやってもらってるんで今ウチの会社で新事業を作る事が出来たんですよね。本当にteam1に入ってなければ絶対にあり得なかった事なのでめちゃくちゃこのサロンは凄いって感じてます」

と言ってくれた

もちろん、もちろん自らteam1の交流会に参加したりと勢力的に動いてたから価値ある出会いに結びついてる

ただteam1に入っただけではこんな事にはならん

けど、こういう現象をめちゃくちゃ増やしたくてteam1をスタートさせたから

こういう事例が色んなところで生まれてるのが泣きそうなくらい嬉しい

仕事は誰とするかが大切

これを俺は起業してからの4年間で痛烈に感じた

だから価値ある人と気さくに出会える様なオンラインサロンを作りたかった

それも『建設×ビルメン』に関連する人達を集めて

業種が近しいと仲良くなりやすい

今は消防設備に関する人が多いけど、今後はより業種も広げながらteam1の拡大を目指していきたい

緊急事態宣言の影響

【6日】

夜はWAVE1beauty社長のリサちゃんと打ち合わせ

3回目の緊急事態宣言が始まってから新規顧客の獲得率が予定よりも良くない

3月に1人

4月に2人

社員を増やしたけど、思ったよりも暇になってしまってる

まあ、赤字にはなってないし、しっかりお客さんは増えていってるから

今は我慢の時期やな

焦らずやっていこう

ウチはホットペッパーなどを使わずに、インスタのみで集客を行なってる

社長のリサちゃんだけでなく、社員の皆んなもインスタの発信を頑張ってる

よければ皆んなのフォローよろしくお願いします

あと、眉毛カットに興味ある人は是非下のURLから予約お願いします

昔の後輩から連絡

【8日】

重要人物と朝から打ち合わせ

昼からマーケティングの打ち合わせ

夕方から大阪時代の後輩とzoom

久しぶりに連絡が来てビックリした

後「お久しぶりです。急な連絡にも関わらずお時間いただきありがとうございます。」

俺「全然ええよ。久しぶりやな。どうしたん?」

後「率直に申しますと、WAVE1に入社したいと思って連絡させていただきました。」

俺「え?そうなん?今何やってるん?そういえば頭いい大学行ってたよな?」

後「今は卒業して〇〇で働いてます。拓さんのFacebookにアップされるブログを見てていつも『カッコいいな』と思ってました。ドンドン新しいチャレンジを繰り返して凄いなって。本当に尊敬しています。そんな拓さんの会社で働きたいと本気で思うようになりました。」

俺「ありがとう。ウチに入社する為にはこのブログを全部読んで、『最強の仕事』も全部読んでから作文を書いてもらう必要がある。それを見てから面接する流れやねんけど大丈夫?」

後「もちろんです。いつまでに提出するとかありますか?」

俺「いつでもええよ。任せるわ。」

後「かしこまりました。完成次第、ご連絡させていただきます。」

俺「あ、あと、入社するならまずは消防設備点検をやってもらう可能が高い。入社したいって思うなら今のうちから勉強してた方がいいかも。今数人の入社希望者が集まってくれてる状態やから資格を持ってた方が採用する確率は上がるよ」

後「分かりました。資格も取得しておきます。」

俺「オッケー。よろしく。」

昔、俺は音楽イベントを主催してボランティアスタッフを集めて月一で開催してた

その時に出演してくれてた子からの連絡やった

まさか入社したいと思ってくれてるとは思わず驚いた

けど、昔からの繋がりがあるから優遇するとかなく、他の入社希望者とも平等に判断する