起業:消防設備士『本当に凄い人達』vol.296 2019.12.4


ビルメバナー

東京875日目!

あらすじ

サスティナという建設業界のマッチングサービス
それを運営されてるユニオンテック株式会社の大川会長のスピーチに胸が熱くなった
業界変革を本気で実行する重み
ホンマに尊敬する
俺も会社と一緒に成長せなアカン

社員の方が嬉しい


【3日】
お昼は新大久保駅へ
いつも仲良くしてる民泊オーナーさんがオススメの『お粥専門店』に連れてってくれた
キムチと海老のお粥食べたけど美味すぎた
いつも民泊の消防設備工事を依頼してくれてホンマに嬉しい


民泊の営業担当の桒原と


民泊の消防設備工事担当の伊藤
をめっちゃ褒めてもらった
「桒原さんと伊藤さんには本当に感謝してます。スピーディーに対応してもらうことで凄く助かってます。」


自分の事を褒めてもらうより社員を褒めてもらう方が100万倍嬉しい
レスポンスのスピードは皆んなめっちゃ意識してる
特に民泊オーナーさんは1日でも早くオープンしたいからスピードはめっちゃ重要
これからも良い所を伸ばしていけるように頑張ろう


もちろんスキルの向上は工事チームの中村を中心としてめっちゃ意識してる
それが口コミに繋がるから
ウチは民泊オーナーさん達での口コミで紹介してもらえることが多い
それは工事する者にとってホンマに嬉しいこと

忘年会ムービー


夜は家で嫁と2人で忘年会ムービーの作成
忘年会が楽しみ過ぎる
去年もめっちゃ楽しかった
外注さんにもいっぱい参加してもらった
今回は社員とか顧問のみに限定した
協力会社とかは新年会で呼ぶことにする

サスティナ


【4日】
夜は銀座で開催されたサスティナの交流会に行ってきた
いつも通り中村代表とまなみちゃんと
今回も新しい出会いがあってめっちゃ有意義な時間を過ごせた
ホンマに心の底から思うことやけど
マジでめちゃくちゃ価値ある会やからオススメ

ユニオンテック大川会長


最後に運営してるユニオンテック株式会社の大川会長が来てスピーチ
胸が熱くなった
建築系のマッチングサービスって色々あって
それぞれいろんな個性があるねんけど
俺は断トツでサスティナを応援してる
理由は『想い』の部分


ユニオンテック株式会社は20年前に大川会長が1人でクロス職人として独立した所からスタートした
そこから会社の規模を年々大きくして行って4年前にサスティナを作った
その辺のITベンチャー企業と違う
チャンスのある業界を探してIT事業で一発当てて上場を狙う
そんな理由でやってない
別に上場を狙うのは悪くない
ただ、始めから上場(チャンス)だけを狙うITベンチャーには華やかやけど重みのない経営者も多い
けど、ユニオンテックはそうじゃない
純粋に建設業界を愛してる
自分たちが現場業を率先して行ってて
これからも世の中に無くてはならない業界やと思ってるから

本当に凄い人達


だからその為に業界のアップデートを真剣に目指してサスティナというマッチングサービスを運営してる
そこが他とは違う
今もずっと自らが最前線で実際に建設事業を行ってる
だからサービスの内容も上場だけを目指してるようなシステム作りや運営をしてない
心の底からユーザーファーストの気持ちがある
あと、ユニオンテックの社員の人たちと話してると本気の熱い想いを感じる
全員で『建設業界の変革』を目指してる
こういう会社に勝ち抜いて欲しいと思う
交流会が終わって大川会長と名刺交換をさせてもらった
どこの誰かも分からん俺にもめちゃくちゃ気さくに話してくれて器の大きさを感じた

※ユニオンテックさんから広告費とか貰ったりしてません。笑

心からいいと思ってるので書いてます

業界のアップデート


規模は全然違うけどウチも消防設備業界を中心としたビルメンテナンス業界のアップデートを目指してる

その為に業界のアップデートを目指してシステム開発をやってる
別に上場がゴールの会社ではない
俺が東京へ来た時の原体験から
本気でこの業界の魅力を感じたから
だから認知してない多くの人達に入って来てもらえるように


2年半前にシステム開発を決めた
けど、その為にはまず実業でしっかり消防設備業の会社を作る重要性を感じた
だから始めの一年はシステム開発に目もくれず、消防設備点検と消防設備工事だけを集中して行った


今ではやっと社員も仕事も毎月増える会社になった
今年の1月は社員6人やったけど、今では社員17人
アルバイト等も含めると30人になった
システム開発チームは3人でそれ以外のみんなは消防設備点検か消防設備工事を行ってる
これからも点検・工事チームを成長させて行く
来年は東京で社員50人にする
大阪でも15人にする

リスク満載やけど挑戦


システムは勿論やけど、現場業を頑張る
ウチが率先してビルメンテナンス業界で現場業をやってるから
真剣にこの業界のアップデートを願ってるから
それによってシステムにも価値が増す
別にIT業をやりたい訳じゃない
ただ世の中に必要やから
だからリスク満載やけど挑戦を続ける